投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

ローンの計算について~現金一括払いするくらいなら全額ローンにして、配当金投資しよう~

投稿日:

車の購入では、なるべく手元の資金は減らしたくないので、ローンで購入することを検討している。

というのも例えば400万円の車を購入するとして、現金一括で支払った場合、単純に投資できたはずの400万円がなくなってしまうためである。

もう少し考えてみる。

例えば400万円を配当利回り5%(ここでは税金を考えないことにする。)のものに投資したとすると、400万円×5%で年間20万円の配当金が手に入る。複利を考慮しない場合、5年間で100万円の配当金が手に入ることになる。

今度はローンした場合について考えてみたい。

400万円のローンを60か月、2%で組んだとすると元利均等払い(返済額一定)で月の支払いは7万111円となる。また、利息は5年間で合計20万6662円になる。

以上から400万円を投資して400万円のローンを組んだ場合、最終的に手元に残るお金は以下のようになる。

(400万円+100万円)ー(400万円+20万6662円)=約80万円

ローンの利息2%と配当利回り5%の差で5年間で80万円(400万円の20%!も)得することになる。

ローンは5年で徐々に元金が減っていくので、利息が減っていくのに対し、投資額は400万円で減らないので、理論上は配当金は維持される。

例えば400万円の車を購入して最終的に支払うお金が実は320万円でしたということになるので、これはローンを利用しない手はない。もちろん、投資していなければ単純に利息分の約20万円損しているので、投資しない場合は早く返すに限る。

また、ローンの利息が安くないとこの手は使えない。

例えば配当利回りと同じ、5%の利息だった場合について考えてみる。

この場合、毎月の支払うお金は7万5485円になり、利息の総額は約53万円になる。配当金100万円に対して利息53万円なので差額の47万円がお得になる金額である。

利息が2%の場合は約80万円、利息が5%の場合は約47万円お得になるわけだが、例えば400万円を投資に回し、400万円、60回払い、ボーナス払いなしでローンを組んだ場合、利息が10%まで0.5%刻みで利息とお得になる金額を見てみると以下のようになる。

利息[%]総利息[円]総配当金[円]お得になる金額[円]
0.551,0421,000,000948,958
1102,4991,000,000897,501
1.5154,3731,000,000845,627
2206,6621,000,000793,338
2.5259,3671,000,000740,633
3312,4861,000,000687,514
3.5366,0191,000,000633,981
4419,9651,000,000580,035
4.5474,3251,000,000525,675
5529,0961,000,000470,904
5.5584,2791,000,000415,721
6639,8721,000,000360,128
6.5695,8761,000,000304,124
7752,2881,000,000247,712
7.5809,1081,000,000190,892
8866,3351,000,000133,665
8.5923,9681,000,00076,032
9982,0051,000,00017,995
9.51,040,4471,000,000-40,447
101,099,2911,000,000-99,291

配当利回りを5%とすると利息9%が損益分岐点になる感じか。元金を減らすことの効果が大きいことがわかる。

また利息は0.1%変わるごとに、ざっくり1万円お得になる(1%変わるとざっくり10万円お得になる)ことがわかる。

上記は400万円投資し、400万円のローンを組んだ場合であるが、これが200万円になるとお得になる金額が半分になり、100万円なら1/4になることになる。

■まとめ

タイトル通りだが、現金一括払いするくらいなら全額ローンにして、配当金投資しよう

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2022 All Rights Reserved.