投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

新型ヴォクシーか新型ステップワゴンか、はたまたアルファードか

更新日:

2021年1月現在、乗っている車であるBMW アクティブハイブリッド3の調子が悪いため、ミニバンへの乗り換えを検討している。

以前まで新型ヴォクシーやオデッセイ、アルファードを検討してきた。

上記のようにいろいろ検討してきたが、あまりしっくりこずに、ミニバン選びは難航している。

特に新型ヴォクシーや新型ステップワゴンは今年2022年に出た新型ということもあって、乗るのであればリセールも高そうだしよさそうだなと考えてはいたのだが、正直値段が400万円を超えるため、高すぎると考えてしまっている。

400万円あればミニバン最高クラスのアルファードが買えてしまうのではないかと思ってしまうのである。

私はパワーがある車が好きなので、案としてアルファードの3.5Lを過去検討し、580万円くらいになることはわかっている。

しかし、2.5Lではどうなるのか検討していなかったので、今回検討してみた。

まずアルファードを調べてみてわかったのだが、3.5Lは後席が「エグゼクティブパワーシート」になってしまう。

以下カタログ(https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/alphard/alphard_vellfire_main_202110.pdf)から引用する。

しかし、試乗車を見たときに思ったのだが、これだとチャイルドシートをつけるのが正直厳しい。

我が家にあるチャイルドシートは取り付け後に座る部分が90度回転するので子供の乗り降りが多少楽になるようになっているのだが、このエグゼクティブパワーシートの場合、それができない。

そこでもう一つの7人乗りを見ると以下のようになっている。

このリラックスキャプテンシートであれば、チャイルドシートを90度回転させて、子供を乗り降りさせることは可能だろう。

しかし、これを選択すると、2.5Lのものしかなくなってくる。

まあ、しょうがないと思ってあきらめるしかないが、カタログを見ていて一つ気になったオプションがある。

それはこの3点である。

2.5Lのヴェルファイヤに乗ったときに感じたのだが、少しフワフワしている感じがあった。

この装備はそれを変えてくれる装備らしいので、これをつければ良いのではと思った次第である。

みんからのレビューを見ると、感じ方は人それぞれのようだが、おおむねよさそうな感じが出ている。

■TRD (ティーアールディー ) ドアスタビライザー&ブレースセットの評価・評判・口コミ

https://minkara.carview.co.jp/partsreview/parts.aspx?pt=1872613

■TRD (ティーアールディー ) メンバーブレースセットの評価・評判・口コミ

https://minkara.carview.co.jp/partsreview/parts.aspx?pt=547428

■TRD (ティーアールディー ) パフォーマンスダンパーの評価・評判・口コミ

https://minkara.carview.co.jp/userid/3286920/car/2986594/11591217/parts.aspx

上記のものを取り付ければ2.5Lでも多少走りが良くなるのかもしれない。

ということで、上記のオプションを取り付ける前提で考えてみたい。

2.5Lであれば、選ぶグレードは特別仕様車 S“TYPE GOLDⅡ”(7人乗り・2WD)[ベース車両はS(7人乗り・2WD)]ではないかと思う。

というのも2.5Lのほかのグレードにはパワーバックドアがつかないからである。

下記は特別仕様車のカタログだが、そこでもそのように書いてある。

https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/alphard/alphard_special1_202111.pdf

他にもLEDなどが変わっており、 特別仕様車 S“TYPE GOLDⅡ”(7人乗り・2WD)の良さが光る。

しかも価格差は約25万円。

これはもう チャイルドシートを取り付けたいファミリーユースであれば、特別仕様車 S“TYPE GOLDⅡ”(7人乗り・2WD) 一択ではないだろうか。

これで以前までにネッツトヨタで取得したアルファードの見積もりなどを参考にすると以下のような予想金額となる。

項目税込価格
車両価格4,240,000
ドアスタビライザー&ブレースセット33000
メンバーブレースセット66000
パフォーマンスダンパー99000
上記3点の取り付け費用(予想)20000
ホワイトパール33000
寒冷地仕様40000
ETC2.0ユニット40700
エントリー ナビキット66000
フルセグオプション33000
ETCセットアップ2750
リモートスタート48400
フロアマット ラグジュアリー79200
前後ドラレコ60500
オプション+付属品621,550
合計4,861,550

これに法定費用などの諸経費ざっくり40万円がかかるとして合計約520万円くらいの見積もりになりそうな感じかな。

おそらく頑張って460万円になる感じだろうか、450万円まで行けば御の字だろうか。(まあ、そんなにできないだろうが。。。)

これに5年のメンテナンスパック(車検付)をつけると+17万円見れば良いのかな。

とするとざっくり480万円といったところか。

アクティブハイブリッド3が70万円で売れるとして、410万円になるのかな。高いな。

まあ、これを念頭に置いて今度見に行くのもありだな。

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2022 All Rights Reserved.