投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

新型ヴォクシーか新型ステップワゴンか、はたまたアルファードか②

更新日:

ミニバンがなかなか一つに絞れない。

今まで検討してきているが、やはり消去法の選び方だからか、どうしても金額で選ぶ感じになってしまっている。

が、妻にも言われたのだが、私がミニバン選びに何を求めているのか、それが大事だろう。

どの車に乗りたいか、この車が良いと思えて初めてどのディーラーで最終的に決めたいとか自然と出てくるような気もする。

そこで私が乗りたい車とはどんなものか考えてみた。

私が求めているのは走っていて楽しい車である。

走っていて楽しい車とは、アクセルを踏めば加速するし、ハンドルを曲げれば曲がるしといった基本的なことができる車だと思っている。

ただ、せっかくミニバンを選ぶのだから、内部空間の広さを見て居住性なんかも大事だろう・

それを少し数値として見てみたいと思う。

今のところ、候補としては以下を考えている。

①ホンダ オデッセイ 2.4L アブソリュートEX

②ホンダ 新型ステップワゴン スパーダ ガソリン 1.5L

③トヨタ 新型VOXY S-Z ガソリン 2.0L

④トヨタ アルファード SタイプゴールドⅡ 2.5L

オデッセイやステップワゴンはよさそうだが、実際どうなのか数値を比較してみたいと思う。

また、数値は代表的なものをとってきているので多少の誤差はあるので参考まで。新型ステップワゴンはまだ詳細が明かされていないので車両重量やトレッド、室内のサイズは現行モデルを参考値として載せてあるので注意。大型化されているので重くなる可能性が高い。

まずサイズは以下のようになる。

車種全長[m]全幅[m]全高[m]体積[m3]
オデッセイ 4.8551.821.69515.0
新型ステップワゴン スパーダ4.831.751.84515.6
新型VOXY S-Z 4.6951.731.89515.4
アルファード 4.951.851.93517.7

やはりアルファードは全長、全幅、全高においてどれも一番大きく、体積も一番大きい。

逆に取り回しにかかわってくる全長と全幅が最も小さいのは新型VOXYである。VOXYと比較するとステップワゴンは全長が13cm長い。室内のサイズが大きいのであれば仕方がないが、そうでない場合は単純に取り回しが悪いような気もするがどうだろうか。

オデッセイは上のサイズのミニバンだろうかと考えていたが、全高が一番低く、そのために体積的には一番小さい。その分重心の位置が低くなるため、走りは良くなりそうな気もするが、室内空間も狭くなりそうで、そこがどうかといったところか。全幅はステップワゴンやVOXYと比較して約10cmいかないくらい大きいので、ここも室内空間にどうきいているかというところか。

ここを見るとと取り回しのサイズ感的にはアルファード>オデッセイ>ステップワゴン>VOXYの順番だろうか。

VOXYは高さがかなりあるので、見晴らしがよさそうだ。ステップワゴンも5cm低いがそこまで変わらないかな。

室内のサイズは以下のようになっている。(新型ステップワゴンの数値は現行を参考値として載せている。おそらく新型は大きくなっているので、より大きくなっていると予想される。YOUTUBEでも新型VOXYには勝っていると何か偉い人が言っていた気がする。)

車種室内全長[m]室内全幅[m]室内全高[m]体積[m3]
オデッセイ 2.921.561.3256.0
新型ステップワゴン スパーダ3.221.51.4256.9
新型VOXY S-Z 2.8051.471.4055.8
アルファード 3.211.591.47.1

ここでもアルファードは一番大きい。と書くのかと思っていたが、意外と単純に大きいわけではなさそうだ。

もちろん内部空間の体積ではアルファードが一番だが、二番のステップワゴンが意外と肉薄している。

というかステップワゴンの室内サイズの数値は現行だが、かなり大きいことがわかる。(何かの間違いかと思ってカタログを二度見してしまった。)

確かに実際内部を確認した感じ、内部の空間の広さはかなり感じた。装備が簡素だからかなとも思っていたが、実際広いということだろう。3列目も小さいという感じはしなかった。背もたれがどうだったかはもう一度確認しても良いと思うが、新型は確認できないので、YOUTUBEで見るしかないか。

しかも今回新型になるということで全長と全幅が少し大きくなっており、その分内部空間もさらに広くなりそうだ。広くなったらアルファードとほとんど変わらなくなりそうだ。

対して一番小さいのは新型VOXYである。車の全長も一番短いため、室内の全長も一番短くなってしまっている。これは実際に内部も確認したが、特に3列目の足元がかなり狭い。全長が2.8mでは3列目は狭くなってしまうのかもしれない。

オデッセイは全長が長いのに、室内の全長はむしろVOXYに近く、ほかに勝っているのは全幅で約10cm、高さは8cm負けている。ただ、実際に内部を確認した感じでは3列目が狭いという感じはあまりしなかった。全長が+12cmは結構大きい差なのかもしれない。

またオデッセイはVOXYに対して車の全高で20cmほど低いのに対して、室内の全高は8cm低いにとどまっている。

これはホンダの低床設計のよるものと思われるが、8cmの差であれば検討できているのではないだろうか。(実際見た際も、室内はそこまで狭く感じなかった。)

室内空間の広さはアルファード>ステップワゴン>オデッセイ>VOXYの順番だろうか。

VOXYは内部が狭く感じるかもしれないが、実際は必要十分な広さである。三列目は長時間の移動には不向きであるが、十分に使える範囲である。(下道1時間とかであれば大丈夫だろうが、高速で2~3時間とかだときつそうだ。子供が使う分には問題なさそうだが。)

オデッセイやアルファードのシートは十分3列目も気持ちよく座れると思う。ステップワゴンはそこまで確認できていなかったが、広さは十分にあったと思う。この辺りは現行でもまた確認したいと思う。

まあ、大人二ロ、子供二人であればどれも十分に活用できるし、短時間であればジジババも乗れるので十分だろう。ただ、ステップワゴンの内部空間の広さは特筆すべきだろう。

ここで車の大きさ(体積)に対する内部空間の広さ(体積)の割合を見たい。

この%が大きいほど、車の大きさに対する居住空間の広さがわかる。

車種車の体積に占める内部空間の割合
オデッセイ 40.3%
新型ステップワゴン スパーダ44.1%
新型VOXY S-Z 37.6%
アルファード 40.3%

※単純な計算値なので、正確ではない。参考まで。

これを見てもやはりステップワゴンの良さが光る。しかも新型ではさらに内部空間が広くなる可能性があり、ますます新型VOXYとの差は広がりそうだ。オデッセイやアルファードは同程度で、こうしてみるとオデッセイもそこそこ良いことがわかる。

あとはオデッセイの高さがステップワゴンやVOXYよりも8~10cm低くなってしまうことが許容できれば、オデッセイという選択肢もないわけではないということだろう。

そしてホイールベースや車両重量等は以下である。

車種ホイールベース[m]トレッド前/後[m]最小回転半径[m]最低地上高[m]
オデッセイ 2.91.56/1.565.40.145
新型ステップワゴン スパーダ2.891.47/1.4855.40.145
新型VOXY S-Z 2.851.5/1.5155.50.14
アルファード 3.01.575/1.585.80.16
車種車両重量[kg]最高出力[kW/rpm]最高トルク[Nm/rpm]
オデッセイ 1820129/6200229/4000
新型ステップワゴン スパーダ1700110/5500203/1600-5000
新型VOXY S-Z 1640125/6600202/4900
アルファード 1970134/6000235/4100

※このあたりの新型ステップワゴンの数値はくれぐれも参考値として見てほしい。

最小回転半径を見ると、アルファードが5.8mでかなり大きく、これは取り回しがしにくいだろう。駐車が苦手な人は厳しいかもしれない。ほかの車種は5.4か5.5mで大きくは変わらないが、ホンダ車の特徴なのか5.4mは優秀な方だろう。その代わりに高速などでの直進安定性が損なわれそうな気もするが、それは別なところでカバーしているのかもしれない。(ヴェルファイアに乗っている知り合いが言っていたが、高速での直進安定性はすごいが、コーナーでは少し不安だと言っていた。足回りは単純に数値では比較できないかもしれない。)

そして車両重量であるが、やはりアルファードが一番重いことがわかる。逆にVOXYが一番軽くなったが、これは単純に車のサイズが車重にきいてきている感じだろうか。とするならば、新型ステップワゴンは大きくなるので、もう少し重くなる可能性がある。

オデッセイもなくなるし、オデッセイと同じような重量になるかもしれない。

またエンジンの比較もしてみると、やはり出力的には一番エンジンサイズの小さいステップワゴンの出力が一番小さくなった。しかし、ターボのおかげかトルクでは新型VOXYを上回っている。

オデッセイは新型VOXYと比較してトルクは上回っているが、出力はあまり高くないことがわかる。

変則比があるので一概には言えないが、パワーウエイトレシオの数字が小さいほど最高速度が速く、トルクウエイトレシオが小さいほど加速が速いということになるので、ここでパワーウェイトレシオとトルクウェイトレシオを見てみたい。(これが私的には一番重要)

車種パワーウェイトレシオ[g/W]トルクウェイトレシオ[kg/Nm]
オデッセイ 14.10852717.9475983
新型ステップワゴン スパーダ15.45454558.3743842
新型VOXY S-Z 13.128.1188119
アルファード 14.70149258.3829787

これを見るとパワーウェイトレシオが一番小さいのはVOXYで一番大きいのはステップワゴンであることがわかる。

トルクウェイトレシオはオデッセイが一番小さく、一番大きいのはアルファードでステップワゴンも同程度であることがわかる。

ステップワゴンは走りが良いとみていただけに、この結果は意外だった。というかVOXYが何気に健闘している気がする。そんなに走りが良いのだろうか。

この結果はにわかには信じがたいが、実際に走ってみないとわからない。(信じたくない笑)

ここまで見てきてステップワゴンいいじゃんと思っていただけに、なかなかどうしてという結果になってしまった。

新型ステップワゴンのエンジンがあまり変わらないとすると、パワーウェイトレシオはVOXYの17%アップ、トルクウェイトレシオは3%アップになる感じか。

変則比にもよるが、加速はあまり変わらず、最高速度はVOXYのほうが良いといった感じか。

何かでステップワゴンのガソリン車の加速が早いと見た気もするが、この結果は意外だ。

また、アルファードも意外と悪くないことが分かったが、それでもやはり重量がきいてきている感じがするな。

■まとめ

新型ステップワゴンの室内空間の広さが気になるところではあるが、中の広さは新型ステップワゴンがおそらく圧倒的だろう。新型VOXYはそれと比較するとサイズや内部空間の広さは一つランクダウンする感じだ。

ただ、走りの面では車重が軽いことから割と新型ステップワゴンよりよさげだ。(がこれはもう少し調べたほうがよさそうだ。)

また、オデッセイは数値としては走りが良い感じはわからなかった。ガソリン車を運転したことはないが、ハイブリッド車を運転した時もそこまで加速が良い感じもなく、無難な車であると感じた。

これはステップワゴンや新型VOXYの試乗をしてから判断していきたい。

結論がぐずぐずになってしまった。本当はステップワゴンの数値も良いだろうと思っていたのに。

というかミニバンにも2Lターボや、2.5Lターボがあれば良いのに。

また試乗したら考えが変わるかもしれないので、いつかメモしたいと思う。

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2022 All Rights Reserved.