投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

配当金での生活について考えてみた。6000万円あれば車2台と家を維持できる。

投稿日:

前回までに車を残クレで購入した時にかかる費用について考えてみたが、400万円の車で約5万円の支払いが生じる結果となった。

毎月税金等も考えると毎月の維持費は月5万円よりも高くなる可能性もある。これを高いとみるか安いとみるか、車のある生活と天秤にかけて人それぞれ車を持つのかどうかの選択をしていくわけだ。

ここで一つ確実なのは月5万円をずっと払えれば、車1台を維持することができるということである。

単純に考えれば月10万円であれば車2台、15万円であれば車3台である。

私のいる地方では車二台持ちが多いが、月10万円を払って、この2台体制を維持しているようなものである。こうしてみると高いな。。。

月10万円、年間120万円であるが、平均年収450万円で手取り350万円くらいとすると、その手取りの350万円の内の1/3が車代で消えているわけである。

例えばファミリーで家賃が7~8万円だったとして家に年間約100万円かかると、残りは350-120-100=130万円。

130万円を12か月で割ると、約11万円が月の生活費となる。

月11万円から食費やら光熱費やら携帯代やら引いたら、ほとんど残らないような気もするが、1馬力だとこれが平均的な生活だろうか。

もちろん2馬力であれば、年間の手取り350万円をプラスされるので、月に30万円プラスで41万円で生活することができる。これはリッチだ。

2馬力はすごいな。

と話はそれたが、車2台を維持するには月10万円必要だということである。

では家はどうだろう。例えば持ち家だったとしてローンはいくらぐらいになるだろうか。

・物件+土地:4000万円
・金利手数料:1%
・頭金なし、ボーナス払いなし
・返済年数:35年(支払回数420回)
・元利均等払い(毎月の返済額が同じ金額になる支払方法)

計算結果は以下である。

毎月の返済額は11万2914円である。

ある本にも書いてあったが、家を買うときに考えるべきは、そのローンを毎月支払えるのかどうかということである。

つまり毎月約11万3千円を毎月420回支払うことができれば、この4000万円の家を購入しても良いということである。

先ほどの車二台と合わせると毎月約20万円かかるわけだが、毎月20万円を払い続けることができるのであれば家と車2台を購入しても大丈夫ということになる。

ここで思うのだが、働いて得た給料から20万円ずっと車と家に払い続けるのはむなしくないだろうか。

私は労働から解放されたいので、少なくともこの20万円は不労所得である配当金として得たいと思っている。

では、それにはいくら必要なのか。

配当利回りを税引き後4%(税引き前5%)とすると20万円×12か月÷0.04=6000万円となる。

要は6000万円の金融資産があれば車2台と家を維持することができる。

私の場合、シミュレーション上では40歳でこの金融資産6000万円(配当金年間240万円、月20万円)を達成できると考えている。

そして42か43歳で引退し、資産を減らしつつ配当金生活に入るわけだが、引退してからだとローンを組むのは難しそうなので、家をもし買うとしたら41歳くらいだろうか。

6000万円への道のりは遠い。。。地道に続けるしかないな。

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2022 All Rights Reserved.