投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

2021年の配当金総まとめ

投稿日:

2021年も終わったので、これまで受け取った配当金の推移についてまとめてみた。

配当金は税引き前で見ているので、実際は20%程度減るが、いくらかは損出しによって年末調整で返ってくるので、税引き前で見ている。(こちらの方が金額も多く見えるし、満足度が高い)

昨年2021年の配当金(税引き前)の合計は5601.85ドル、ざっくり60万円であった。ほかの年も含めると下記の通り

2019年:86.2ドル

2020年:1723.9ドル

2021年:5601.85ドル

今のところはまだ投資金額がそこまで多くないために、1年ごとに倍々で配当金が増えている。

2021年に受け取った配当金の内訳をみると以下の通り。

ティッカー年間配当金[ドル]配当金総額に占める累計割合
1位ARCC802.2914.32%
2位MAIN703.2826.88%
3位MO691.139.21%
4位SPYD519.7448.49%
5位BTI510.3757.60%
6位T443.0465.51%
7位HDV281.3170.53%
8位VYM256.6975.11%
9位PFF225.4279.14%
10位PM173.6582.24%
11位JNJ160.5885.11%
12位XLE114.5687.15%
13位VOO85.9788.68%
14位XOM78.6890.09%
15位ENB77.1291.47%
16位WBK66.4392.65%
17位KO51.6693.57%
18位PG49.4394.46%
19位VT48.3795.32%
20位VTI44.0896.11%
21位IBM37.6996.78%
22位VZ30.2797.32%
23位ABBV22.197.71%
24位VWO19.2898.06%
25位PBCT18.9398.40%
26位VIG18.6398.73%
27位QQQ17.1199.03%
28位VEA16.1499.32%
29位SO9.8699.50%
30位MSFT9.3299.67%
31位QYLD7.8699.81%
32位JEPI4.5199.89%
33位AGG4.0299.96%
34位BND2.36100.00%
合計5601.85

オレンジ線は配当金総額に占める割合を足していったものだが、上位4位のARCC,MAIN,MO,SPYDで約半分を占めている。

上位10位までで見ると約8割を占めるといった感じだ。

1,2位のARCCとMAINは楽天証券で買えなくなってしまったため、今後増えることはないので、順位が下がっていくことになるだろう。

3位のMOは意外だったが、思ったよりも購入していたのかもしれない。

またロングテールになっているが、これはたまに本やYOUTUBEを見て、気になったものを少額購入しているためだ。

1株でも購入すれば値動きが見やすくなるので気になったら少し買っている。

来年の配当金は100万円くらいになるとうれしいがどこまで伸びるのだろうか、しかしまだまだFIREには遠いな。

2021年の資産の推移を見ると以下のようになっている

2021年1月:9,361,352円

2021年12月:18,778,436円

約950万円も増えている。入金額は調べてみたところ、約630万円だった。配当金も税引き後で40万円分くらいは再投資しているので合計670万円程入金した形になるが、差し引くと年間約280万円プラスだったことになる。

未実現なのであまり意味のない数字ではあるが、確かに増えていると気分が良い。

ただ、これは私の能力云々ではなく、単純に運というか適当に大型株を持ち続けて再投資しているだけに過ぎないので、いつまで続くかはわからない。

ドカンと下げた後は5~6年株価が上がる傾向にあると思うので、次にドカンと下がるとしたら2025年あたりだろうか。

そこで下がったときにろうばい売りしないように握力を鍛えておきたいものである。

ちなみに現在所有する株は以下のようになっている。

ティッカーコード銘柄名保有数量[株]平均取得価額[USドル]
PMフィリップ モリス インターナショナル5183.6868
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF18188.1988
VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF1547.492
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF2585.6136
LUMNルーメン・テクノロジーズ1312.24
BNDバンガード・米国トータル債券市場ETF285.97
VOOバンガード・S&P 500 ETF17324.7723
ENBエンブリッジ7838.5835
PFFiシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF13737.1324
ARCCエイリス・キャピタル64517.2888
ABBVアッヴィ599.008
VIGバンガード・米国増配株式ETF7139.1571
VYMバンガード・米国高配当株式ETF9092.7798
HDViシェアーズ コア米国高配当株 ETF8890.3408
XLEエネルギー・セレクト・セクター SPDR ファンド5647.8044
VEAバンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF1042.82
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ24834.3902
SPYDSPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF40335.4802
PBCTピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル2615.3242
MAINメイン・ストリート・キャピタル33734.4413
CCOIコジェント・コミュニケーションズ・ホールディングス275.915
SFLSFL コーポレーション188.9233
QYLDグローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF5022.8298
SOサザン561.814
JNJジョンソン・エンド・ジョンソン45150.8044
KOコカ・コーラ3451.3038
MOアルトリア・グループ33244.0533
MSFTマイクロソフト7260.4
JEPIJPモルガン・米国株式・プレミアム・インカム ETF1062.275
PGプロクター・アンド・ギャンブル16135.7393
TAT&T30523.617
QQQインベスコQQQ 信託シリーズ110289.57
AGGiシェアーズ コア米国総合債券ETF2119.36
XOMエクソンモービル4957.4926
ABBVアッヴィ3124.96
VYMバンガード・米国高配当株式ETF7110.4528
HDViシェアーズ コア米国高配当株 ETF799.4585
XLEエネルギー・セレクト・セクター SPDR ファンド1357.713
SPYDSPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF2641.2119
JNJジョンソン・エンド・ジョンソン3166.3866
MSFTマイクロソフト2336.455
PGプロクター・アンド・ギャンブル2154.755
QQQインベスコQQQ 信託シリーズ13398.57

順番は楽天証券で保有資産を出したときのままであるが、どういう順番なんだろう。

最近はQYLDなんかも気になってはいるが、ナスダックが下がる可能性が出てきているし、やはり最初の方針通り、高配当の株を買っていくのが良いのかな。

というかそういう見方でいくとQYLD良いじゃんとなりそうだが、QYLDを買うくらいならQQQ買えばとか思ってしまうな。PFFの代わりにQYLDを買う感じにするか。

高配当ETF(SPYD,VYM,HDV)やたばこ、エネルギー株中心に、値上がりしていないものを買い足していく方針は2022年も続けるとするか。(損益がプラスじゃないと心が落ち着かない気もするので、ほかのものにも少し浮気しつつッて感じだが。)

そんな感じで2022年もやっていきますか。早く仕事やめて~わ。

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2022 All Rights Reserved.