投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

FIREについて ~独身編~

投稿日:

今までは、私の場合を想定して夫婦+子供二人でFIREするにはFIREまでにどのくらいの投資が必要か見てきたが、かなりの額を投資しなければならないことが分かった。そこで今回はそれと反対にというか、あまりお金をかけなくても大丈夫な独身を想定して計算してみたいと思う。

せっかく独身で自由に過ごすのであれば、子供や配偶者がいないのでお金は多少使いたいものだと思われるが、月に30万円もあれば余裕のある暮らしはできるのではないだろうか。

今回はそれに±10万円した月の生活費20,30,40万円を想定して計算してみることにする。

条件をまとめると以下の通り

一人の生活費
節約型  : 20万円/月 (240万円/年)
余裕型  : 30万円/月 (360万円/年)
リッチ型 : 40万円/月 (480万円/年)

他の条件は前回と同じで以下の通り
・年金は70歳から年額70万円とする。
・配当利回りは税引後4%(税引前5%)で計算
・90歳まで生きるとする。(現在の年齢は私に合わせて32歳とし、最短で40歳(39歳末)で引退とする。)

この条件でFIREできる年齢と月の投資額を検討すると以下の通り。

引退する年齢節約型余裕型リッチ型
39462,500704,167950,000
40395,833608,333816,667
41345,833533,333716,667
42308,333470,833633,333
43270,833416,667562,500
44241,667375,000504,167
45220,833337,500454,167
46195,833304,167408,333
47179,167275,000370,833
48162,500250,000337,500
49150,000229,167308,333
50137,500208,333283,333
51125,000191,667258,333
52112,500175,000237,500
53104,167162,500220,833
5495,833150,000204,167
5587,500137,500187,500
5680,000125,000170,833
5773,333116,667158,333
5867,500108,333145,833
5961,667100,000135,000
6056,66791,667125,000

こうしてみると独身の場合は生活費でかなり差が出てくることが分かった。
子供二人いる場合と比較すると生活費がかなり抑えられていることから、引退できる年齢が比較的早い。また、老後にかかる費用が変化しない場合で計算しているため、リッチ型は独身でも投資額は比較的高めである。この辺りは今度整理してみても良いと思われる。

月の投資額をみると、月の生活費の比が月の投資額の比とほぼ同じことがわかる。(例えば節約型とリッチ型では月の生活費が20万円と40万円で2倍違うが、月の投資額も約2倍になっている。)

ここで例えば毎月45万円投資できる場合を考えると、節約型では39歳、余裕型では42.5歳、リッチ型では45歳と最大6歳の差が出ることがわかる。また毎月30万円の場合だと 節約型では42歳、余裕型では46歳、 リッチ型では 49歳と最大7歳の差が出ることがわかるが、これは先ほどの6歳差よりも大きい。 さらに毎月20万円の場合だと 節約型では46歳、余裕型では50歳、 リッチ型では 54歳と最大8歳の差が出ることがわかるが、これは先ほどの7歳差よりも大きい。

では 、毎月12万5千円の場合だと(リッチ型の最小額が12万5千円のため)もっと大きい差になりそうだが、どうだろうか。 節約型では51歳、余裕型では56歳、 リッチ型では 60歳と最大9歳の差が出ることがわかるが、これは先ほどの8歳差よりもやはり大きい。

まとめると以下の通り 。

  引退できる年齢[歳]  
投資できる額[万円]節約型余裕型リッチ型最大年齢差[歳]
453943456
304246497
204650548
12.55156609

こうしてみると節約型のFIREはかなり早いことがわかる。月30万円の投資でも32歳から10年間投資すれば42歳でFIREできる。これは思ったよりも早い気がする。同じ投資額なら余裕型でも46歳なのでそんなに変わらない。さすがにリッチ型だと49歳になるのでそこまで早くFIREできるわけではないので、なんだかなと思うが、余裕型や節約型の生活を送るようにし、投資額も30万よりも増やせれば32歳から10年前後の40代前半でFIREできるのは魅力的だと思われる。残り50年も遊べるのか、あとは健康寿命に気を付けて、のんびり筋トレでもしながら過ごせれば良さそうだ。

FIREは働きたくない独身者にかなり向いていると思われる。

両方収入のある子なし夫婦(DINKs)であればもっと早くなると思うが、それは次回検討したい。

2021年11月5日

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2021 All Rights Reserved.