投資、FIRE、仮想通貨等々について日々思ったことのメモ

その他

コロナにかかった。。。

更新日:

まさか自分がかかるとは思ってもみなかったが、コロナにかかってしまった。

私は反ワクというわけではないが、何となくコロナワクチンの後遺症が怖くて、コロナワクチンを一回も射っていない。

その状態でコロナにかかったわけだが、その状態の変遷について記録したい。

0日目(コロナ発症前日):何事もなく仕事をし、普通に帰宅。普通に風呂に入って就寝。

1日目(コロナ発症):夜中にとてつもない寒気に襲われ目が覚める。そのまま朝まで寒くて寝られず、体をこわばらせて疲労困憊。朝体温を測ると38.5℃で検査キットがあったので検査すると、コロナ陽性のマークが出る。この日は一日中からだがだるく、あと頭痛がひどかった。のどの痛みやせきは全くなかった。家族から隔離して部屋で一日中寝て過ごした。

2日目:妻が持っていたカロナールを飲み、37.5℃程度に熱が落ち着く。頭痛も和らぎ、のどの痛みもないため、これで終わったかと思われた。しかし、ここで0歳児と2歳児が発熱。私の隔離生活が残念ながら早くも終了。病院に行き、やはりコロナであることが判明。妻はまだコロナ発症せず、体温も36℃台。妻は妊娠中からコロナのワクチンを接種しており、計4回射っている。注射のおかげか、コロナの症状がほとんど出ない。

3日目:2日目同様カロナールを飲み、37.5℃程度に熱が落ち着く。が、子供たちの世話で忙しく、おちおち寝ていられない。寝られないと回復もしないので、現状維持状態。唯一夜だけ落ち着けるが、夜も体力をつけるため、20時過ぎには就寝。妻はせきをし始めたが体温は36℃台。体調が悪くなってきた気がするというが、正直ワクチンの効果で発症しないのではないかと私は思っていた。子供たちは38~39℃の発熱で推移。第一子が昔なったただの風邪のほうが40℃台の発熱を伴っていたので、それに比べると大したことはないし、子供たちも少し疲れた様子ではあるが、まだ大したことはない。私自身も昔かかったインフルエンザのほうが39℃以上出たのできつかった。この時点ではコロナは感染力こそすごいが、大したことはないなといった印象。子供たちは座薬をうって、熱が一気に下がり、落ち着いたので夜は割とぐっすり就寝。

4日目:妻が発熱38.6℃。少しぐったりしているが、寝込むほどではない様子。子供たちは少し熱が下がったが、多少熱があり、少し疲れた様子。子供たちは午後は早めに就寝。私は熱が37℃台で少し落ち着いてきていたので、夜に風呂に入ったが、正直これが失敗だった。コロナの時は完全に治るまで風呂に入らないほうが良いかもしれない。夜は3~4時間ごとに起きたが、実はすでに発熱していたためにあまり眠れなかったのかもしれない。よくわからない夢を見てちょくちょく目を覚ます。

5日目:妻は37℃台に回復。すこし楽になった感じだが、それでもまだすこしダルそうな感じ。妻が倒れたら終わるので、倒れなくて本当に感謝。子供たちはもう割と元気。熱も下がってきて、ご飯も普通に食べるし、夜も普通に寝ていた。私は前日に風呂に入ったせいか38.5℃と熱がぶり返した。私以外は治りかけていたので、おとなしく私は一人一日寝させてもらった。が夜までほとんど熱が下がらなかった。いつ治るのか不安になっていた。

6日目:かなり下がって36℃台まで来た。私以外もそんな感じになってきたが、特に子供たちはほぼ平熱になった。私と妻はあと少しで平熱というところまできたがなかなか下がりきらない。が、完全回復まで見えてきたという感じ。ここで家族でそれぞれ風呂に入ったのだが、これがまたもや失敗。夜はぐっすり眠れたのだが、次の日妻以外熱がぶり返してしまった。私の失敗の時に気付けばよかったのだが、もう治ったと安直に考えてしまった。。。

7日目:6日目でかなり下がったのだが、夜に風呂に入ったせいか、夜中寒く、ほとんど回復しなかった。子供たちも風呂に入っていたのだが、そのせいかこの日は熱がぶり返し38~39℃で発熱。子供たちはお昼ごろ座薬をうって、熱が落ち着き、午後はほとんど寝て過ごした。妻の熱は完全に下がって36℃台。せきは出るが、もうほとんど治ったのかもしれない。ワクチンの効果はかなりありそうだ。私も36℃後半でほとんど治っていると思われるが、治りきらない。。。カロナールを飲んでとりあえず体温を下げるが、なかなか体温が下がりきらないのは少し不安だ。明日下がっていれば良いのだが。。。

8日目:私の体温は36.9℃になったが、普段の平熱は36.3℃なので、それと比較すると少し高いし、頭も少しボーっとしている。正直完全に治る気がしない。妻と子供たちは平熱に落ち着いており、子供たちはむしろ36.7℃とかで、少し下がりすぎている気もするが、せきが出るくらいで、体調はほぼ治っているといっても良いかもしれない。また油断してお風呂に入ると上がりそうな気もしたので、子供たちは風呂に入らず、体をふくだけにした。あとは私だけな感じだがどうなることやら。明日が会社に行く前日なので、治っていてほしいが、まあ、もう会社に行きながら治すことになりそうだ。

9日目:熱は36.8℃で、微熱といった感じだが、もうこれよりはしばらく下がらなそうな気がする。妻や子供たちは完全に落ち着いていて、もうコロナは脱したといってよいだろう。小さい子供やワクチン接種者は割と軽症で済むということかもしれない。まあ、多少のけだるさはあるが、あとは会社に行きながらでも回復できそうな気もするし、私の場合も、もう大丈夫だろう。あとは早く体力が回復してくれるのを祈るのみだな。

全体を通して、下痢が続いていたが、これはコロナの症状としてレアケースなのだろうか。

せきはあまり出なかったが、後半は割と咳が出た気がする。が、のどの痛みはほとんどなかったかも。ただ、たんの絡まり方は尋常ではない。のどの内側にへばりついている感じで例えるなら、やきにくのすじがのどをまたいで残っているような、物理的にちぎれないでのどに残って、こびりついているような、そんなしつこい痰だった。

8日目ともなるともうたんはほとんどないが、これがずっと残る人がいたら、それはかわいそうだ。

テニスもしなくちゃいけないし、早く体力が回復してくれると良いのだが。。。

-その他

Copyright© Fjinの暇つぶし , 2023 All Rights Reserved.